Facebook Twitter
MENU CLOSE
記事

2019.09.10

ブログ

海外でノマド的に仕事をする上で困ったリアルなこと

「好きな時に働いて、好きな時に旅する生活ってなんかいいよね」

ノマドっぽさを表す画像
アルメニアで撮ったノマドしている動物の写真

きっとそんなイメージを持っている人も少なくないかな、と思います。

みなさんこんにちは、よしいたけです。

今回はそんなイメージな海外ノマドワークだと思うんですが逆に僕が直面した困ったことがあるのでシェアしたいと思います。

・移動するとけっこう疲れる
・日本とのコミュニケーションが取りづらい
・日本で必要な更新がけっこう煩わしい

上は僕がリアルに感じた仕事を中心に考えたときに海外で働きながら困ったことです。

移動するとけっこう疲れる

バスで移動すると疲れが取れないの画像

2018年に1ヶ月半くらいに渡って、ヨーロッパを数日置きに移動しながら観光してかつ、ほぼ毎日ライティングやサイト更新をやっていました。

節約の意味ももちろんあったんですが、色々な地域を回るのにヨーロッパだとバス移動がラクでよく利用していました。

ですが特に夜行バスなんかはけっこう疲れやすかったりします。僕の場合は、幸い自分の運営しているサイトなので本気で休みたいときはノンビリします。

ですが受託していて納期が迫っていたら一つの地域で引きこもりしないと厳しいと思いますね。

ちなみに最近ですが、10時間くらいかけて夜行バスでポーランドからウクライナへ移動した際に、割とたっぷり眠っていたにも関わらずにぜんぜん疲れが取れてなくて寝起きのバスから降りてすぐさま「ああ、寝たい」と呟きそうになりました。(その日はローカルバスで財布を盗まれました)

「世界を転々として新しい刺激を受けながら仕事してるのいいなあ」ってイメージもあるかもしれませんが、実際は移動と仕事を同時進行でやったら疲れが残ったままになりがちなので注意が必要ですね。

若い人はいいんですが、年取ったら筋トレでもしていないと厳しいです。

日本とのコミュニケーションが取りづらい

コミュニケーションが取りづらいことを表す画像

・ビデオチャットのコミュニケーションに慣れている人が多くない
・対面の方が仲良くなりやすい
・プログラミング関連やコミュニティのイベントに参加できない

これは本当になんとかしていかないといけないポイントですね。

僕は受託はあまりしないので仕事の上で困ったことはあまりないです。

ですが日本は対面を大切にする気持ちが強めだと思うのでフリーランスの仕事であっても週一は顔を合わせましょう。という仕事だって少なくないと思います。

定期的な顔合わせでなくとも最初の一回は顔を合わせることをお願いされたりすることもあるようです。

そういうのもあって対面の方が仲良くなりやすいのかなと思いますし、営業するために一旦帰国しますって人もいました。

辺境の地にいれば毎日がイベントみたいなものではありますが、参加してみたいイベントにも参加できなかったりするのはやっぱ困りますね。

シンプルにビデオチャットに慣れていない人が多かったり、仲良くなりやすいツールがまだ世の中にないことでこうなっていると思っていて、対面の方が良いって習慣はそのうちになくなってくるとは思っています。

それでももうちょっと先の話かなって感じですね。

日本で必要な更新がけっこう煩わしい

アルメニアのメイン広場画像

最後に一番リアルなことをいいます。

確定申告の書類提出や免許証の更新が!!めんどくさい!!!

日本でないとできない書類を提出したり、更新したり、家族がいたら行事に参加したりとけっこう煩わしいですよね。僕は面倒くさがりなのでお正月は賽銭箱の前に自分のARでも投影させて神社へリモート参拝したいレベル。

もちろん、確定申告に関しては僕が税理士を外注するくらいに余裕を持っていないのが良くないんですが毎年帰国しています。

免許証も住所がなかったので更新が面倒でした。幸い、確定申告(3月)と免許更新日(5月)が近いのでラクなんですが9月とか10月あたりの誕生日の人はかわいそうですね。

短期ステイしていたシェアハウスの住所を使わせてもらってなんとか更新できたんですが、車を運転しないのにこのためだけに帰国しないとって周りの友達でもいたのでなんとかして欲しいなって思います(ちなみにゴールド免許になった)

海外でノマド的に仕事をする上で困ったリアルなこと まとめ

ウクライナのリヴィウの噴水前画像

最後に、困ったことと言っていいのか分からないのですがなんとかしたいなと思うポイントがあります。

それはフリーライダーしてる気持ちになって申し訳なくなるところです。

冬になると布団から出られない。って人は多いと思いますが、僕もそれの強化版だと思っていて本当になにもしたくなくなります。

なので冬は東南アジアを中心に滞在して夏を楽しんだりしています。また、金欠になったら物価の低い国に滞在したりします。

ですが、こんな感じで自分の好き勝手にいろんな国を渡り歩くのに最近疑問があります。

それはその国の福祉や治安、気候まで含めてその国の人たちの資源だし、ちょっとずつ発展させていったもので、その地域に貢献せずに好き勝手に暮らすのってちょっと違うなという違和感です。

別に現地人の友達がそんなにいる訳でもないし、自分自身は豊かになる暮らし方を送ってます。一方で現地にとって豊かになる訳ではないことをするのってどうなのかなーという感想です。

フリーランスが流行語みたいに扱われて「この国はコスパ最高(ハート)」みたいにSNSで拡散されて、タダ乗りして利用するような働き方が増えていってるのって最初は良いと思うんですがぶっちゃけ、ずっとやるのはあんまり面白くないですよね。

短期の旅行だったら関係ないですが、長居するんだったら現地の人と繋がってこその海外ノマドなんじゃないかなと思ってるので近い将来、何かやっていこうと思ってます。

終わり。

自分らしく、『働く』を楽しもう ? ! IT 編集に戻る 送信 お問い合わせ、ありがとうございます。 内容を確認次第、担当者より折り返しご連絡します。 ホーム フリーランスビレッジについて IT・Web制作 コミュニティ IT教育 ブログ 必須項目です