Facebook Twitter
MENU CLOSE
記事

2019.10.26

ブログ

エンジニア未経験のフリーランサーが初案件を通して思ったこと

「独学でちょっとしたものを作れるようにはなったけれど実務は未経験で仕事ってどういう流れになるんだろう。挑戦したい気持ちはあるけれどいきなり仕事をするのはちょっと怖いなあ」

なんて人もいると思います。どうもよしいたけです、過去の僕がまさにそれです。

先日、実ははじめてプログラミングで案件を当サイト、フリーランスビレッジ経由で任せてもらい、ひと段落つけてお金の発生する仕事を完了しました。

僕のスペック
・ほとんど独学でプログラミングを学習
・LPコーディングやJavaScriptのフレームワークを使った簡単なサービスを作ることができる
・物販(3年)やサイト運営(1年半)を通じたフリーランスの経験はあった

フリーで活動していた期間こそ、まあまあありましたがプログラミングで仕事をこなしたことは全くない状態でした。

やらせてもらった案件

僕がやったのはこのブログページの最後にある「シェアボタン」の実装です。

フリーランスビレッジにブログ機能が搭載されてまだ間もないこともあり、スタイリングやライティングに欲しい機能がまだもう少し足りていない状態です。

僕の方から何回か「シェアボタンが欲しい」と要望を投げさせてもらっていたこともあり、だったらもう自分で実装させてもらおうかなと思い提案して仕事を任せてもらいました。

最初はクラウドソーシングの中から案件を見つけようと思ったのですが競合が激しく価格は買い叩かれていたし未経験だと請けられる仕事に限定があったので避けていました。

コミュニティの中で案件を任せてもらえたと思う理由

・中規模のブログ運営の経験がありSEOの知識があった
・フリーランスビレッジで前から活動していた(もくもく会の実施など)
・改善した方が良いと思えるポイントを自分から提案できた

自分の得意分野から提案したのと、プログラミングではない部分でフリーランスビレッジ(ドットテック)に継続的に関わっていたのが良かったのかなと思います。

自分が所属しているコミュニティの中で自分なりの立ち位置を見つけて(僕の場合はWebライター)、その立ち位置から提案できると良いのかなと。

環境構築がわからなかった

環境構築はDockerで行いました。

未経験の人からすると「ボタン設置ってhtmlとcssですぐに設置できるんじゃないの」って思うかもしれません。

ですがこのサイトもチームで作ることを前提に作られているので個人制作する場合と異なります。

僕も独学の人というのもあったので、チームで使うDockerは使ったことがなかったのですが 【Dockerとは】入門者向けコンテンツをまとめてみた という僕のブログで記事にしてまとめてアウトプットしながらDockerを学んだためスムーズに理解できました。

(結局はいろいろとフリーランスビレッジの坂井さん、町田さんから丁寧に説明してもらえてスムーズに導入できたけど事前の知識があったので理解しやすかった)

Githubの使い方も知っておくべき

僕はもともとGithubは使うようにしていたので難はあまりなかったのですが普段から触っておかないと環境構築でつまづくかなと思います。

案件をやりながらやったこと

使われている技術はVue/PHP/firebase/SassとDockerというものでした。

Dockerで開発環境の準備ができたのは良いとして、これらの技術のソースコードを見ながらシェアボタンを設置する必要があります。

僕の場合はReactJS周辺の技術をよく触るようにしていたこともあり他のソースコードもなんとなく把握しながら作業できました。

あとは自分で簡単なWebサービスを作っていた経験などがあったのも大きかったと思うので独学の人は実践前に手作りで何かサービスやアプリを作ってみるとより良いんじゃないかなと思います。

難しかったところ

シェアボタン設置そのものは簡単ですが、これまでは自分の書いたソースコードのみを見ていれば良かったところ、他人が書いたソースコードを読みながら書く必要があります。

具体的にはシェアボタンに最初から当たっているmarginがどこからかかっているのかなどを、他人のコードを読みながら把握する必要がありました。

あとはSassで事前に用意されている変数なども確認しながらスタイルを当てていきました。

反省ポイント

時間がかかってしまったところです。慣れていないというのもありますが、もっと短くできれば良かったなと思いました。

Sassで用意されている変数を最初から確認しておけば良かったです。

良かったポイント

最初に小さい仕事を請けたのは良かったかなと。

一部を修正とか機能追加のような細かい流れでも知らない環境構築(Docker)を扱う必要性があったし、いきなり大きな仕事になると知らないことだらけになりそうでした。(それはそれで成長はできそう)

教えてもらうのに時間がかかってしまうとなんのために依頼してもらったのか分からなくてなってしまうので。

できれば小さな仕事からが良いと思うし今後も小さいところをちょっとずつやらせてもらいながら大きな仕事をできるようになっていこうかなと思います。

今後どうするのか

今回の案件で受託0→1への経験を一つ積むことができました。

ただ、案件としてはやはり小さいのでもっと大きな仕事をとっていきたいです。収入を増やしていかないと生活もしていけませんので。

一つのゴールの目安はReact関連の案件を請けられること。

並行してWebサービス開発も進めているので社員として働いていない分、こっちで役に立つ経験を積んでいきたいですね。

Webサービスで収益を出せれば長年の経験を培ってきたプロエンジニアの方とはまた別の強みを持てると考えているし、サイト運営の知識も活かせるので。

就職したりインターンで参入していく方が成長するスピードは間違いないと思うのですが僕がプログラミングを学んでいる動機はWebサービスなのでそっちへ行ってしまうと目的を失いそうな感じです。

これから未経験で仕事を獲得していきたいと思っている人の参考になれば。

自分らしく、『働く』を楽しもう ? ! IT 編集に戻る 送信 お問い合わせ、ありがとうございます。 内容を確認次第、担当者より折り返しご連絡します。 ホーム フリーランスビレッジについて IT・Web制作 コミュニティ IT教育 ブログ 必須項目です