Facebook Twitter
MENU CLOSE
記事

2019.11.30

ブログ

【生産性21%UP】ワーケーション(Workation)の国内事例をまとめてみた

こんにちは、この記事を一人で書いているぼっちワーケーション中のよしいたけです。

前回、勤務先が世界遺産に?ワーケーションとはなにか経験者が調べてみたという記事でワーケーションがどういう働き方なのかまとめてみました。

今回は、休暇と仕事を兼ね備えたワーケーションの事例を国内外で集めてみることにします。

僕もこの記事を書く上で知ったことですが、ワーケーションは従業員の企業への貢献度合い(以降エンゲージメント率)の高まりへつながると言われているそうdす。

タイトルの生産性21%UPは生産性のことで、三菱地所グループ調べ(「State of the Global Workplace Report」の米GALLUP社から引用)によるとエンゲージメント率の高い従業員の生産性は21%ほど他従業員よりも生産性が高いとのこと。

欠勤や事故も3割以上は比べて少ないとのことでいいことづくめな感じがしますね。

三菱知所グループ - 生産性向上のカギを握る従業員エンゲージメント

ワーケーションは従業員にアイデアやリフレッシュを与えるだけでなく、結果として企業へ貢献したいと思う気持ちであるエンゲージメント率が高まるそうです。

そんなワーケーションを実施している実例をまとめて紹介します。

国内ワーケーションの実例

国内のワーケーション9事例をまとめてみました。

JAL 福岡市西区今宿
プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 山口県萩市
株式会社CRAZY 茨城県稲敷市
株式会社ソニックガーデン 島根県松江市
JTB ハワイホノルル
三菱UFJ銀行 軽井沢町
野村総合研究所 徳島県三好市
ユニリーバ・ジャパン 北海道 宮城県 山形県 山口県 静岡県 宮崎県
セールスフォースドットコム 和歌山県白浜町

JAL 福岡市西区今宿

参考: 「JAL」が取り入れるワーケーションが社内と社会にもたらす変化。

JALのワーケーション事例は国内でも代表的なものの一つだと思います。自律型人材の育成を目的としてワーケーションを取り入れたそうです。

変化の早い業界には自律分散型の組織という管理人がいらないチーム作りが大切と言われているので、その文脈の中でJALも取り入れていたとのこと。

プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 山口県萩市

今回のワーケーションで実感したのは、東京から離れた自然豊かな地方では、新しいアイデアや発想を生み出すような「0から1」を創造する仕事にピッタリということ。

引用:フリパラ編集部員が体験!子連れワーケーション10日間の旅 in 山口県萩市

10日間合宿という形式で行ったそうです。記事のライターさんはかなりリフレッシュできたようです。

重要文化財の古民家で泊まったそうです。山口県以外にも自治体が積極的に働きやすい環境を提供しているケースも少なくありません。

株式会社CRAZY 茨城県稲敷市

私のように電話とパソコンを使う仕事はもちろんですが、新規事業立案や戦略や振り返りなど「考える仕事」が向いていると思います。反対に営業や大人数の会議、人事的な話をする仕事は向かないですね。つまり、全ての人が二拠点生活をするのが良いわけじゃない。職種・働き方でデザインする必要があるのだと思いました。

引用:「ワーケーション・二拠点生活」を実践! 新しいライフスタイルの可能性・向いている職業・苦労したこと。

東京からアクセスの近い茨城でワーケーションを実施してみたそうです。他者からの干渉が少ない分、集中ができたとのことでかなり充実していたそうです。

株式会社ソニックガーデン 島根県松江市

メンバーもみんな口を揃えて、ワークとバケーションのメリハリがつけられたので仕事の効率もよかったと言っていました。

引用:ワークとバケーションを同時に!?ソニックガーデンの初ワーケーション in 和歌山

引用記事をみていると、ただ1日中飲んで食べているだけじゃないか。と思われますが、きちんと成果物も収められています。

環境が楽しくなると仕事も楽しくなるし、成果物がエンタメなものだったりすればそうした気分のところってすごく反映されると思います。

なので成果物に応じてワーケーションを開催するというのもありかなと思います。

JTB ハワイホノルル

参考:海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」を社内で導入し、働き方改革を推進します。

JTBも働き方改革でワーケーション以前からリモートワークなどを実施していた会社です。

ハワイにワーケーションのためのオフィスを設置したということで海外でさらに他者より本格的に実施している印象を受けます。

三菱UFJ銀行 軽井沢町

参考:FNN PRIME - リゾート地で仕事する「ワーケーション」 新たな働き方スタイルに熱い視線

ニュース番組としても取り上げられた事例です。

地方の観光客のための施策と、企業の働き方改革の二つにとってメリットがある取り組みであるかと思います。

やっぱり、銀行が実施したとなれば他企業も参入しやすくなるなと思うので良い事例だと思いますね。

野村総合研究所 徳島県三好市

デュアルライフ・二拠点生活[17] 都会のオフィスを離れ、徳島で働き・暮らす夏 “ワーケーション”で働き方改革を

サテライトオフィスを徳島で設置しているそうです。

野村総合研究所はリモートワークなどの働き方に関するデジタルワークプレイス事業も展開しています。

年に3回で1ヶ月ずつ社員を送っているそうで、本格的な印象です。

古い建物が残っている徳島県の地域で野村総合研究所の人がその辺にうろうろしている地域だとは誰も思わないでしょうね笑

ユニリーバ・ジャパン 北海道 宮城県 山形県 山口県 静岡県 宮崎県

導入後、多くの社員がWAAを活用し、「生産性が上がった」(75%)、「新しい働き方が始まってから生活が良くなった」(67%)、「幸福度が上がった」(33%)といった効果を実感しています。

引用:ユニリーバ・ジャパン、「地域 de WAA」を導入

各地域に社員フリーの「コWAAキングスペース」を設置して働けるようにしているそうです。

ここまで紹介した中ではもっとも数が多い気がしますね。またワーケーションとしては理想とされる地域の問題解決にも当たっているそうで、言葉の定義としてはもっともここまで紹介した中でもっともワーケーションしているのではないでしょうか。

セールスフォースドットコム 和歌山県白浜町

「社員がちゃんと働いているのかどうかが測れない」というのがあります。しかし、それは目の前にいるから測れるというわけではなく、成果物としてアウトプットがあり、それを評価する仕組みさえあれば、どこにいたって同じなんですよね。

引用:Future Is Now - 第2回 ワーケーション拠点としての未来

セールスフォースは「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」と呼ばれるテレワーク事業に参画していたり、テレワークのための仕組みにつくりなどには以前から積極的だったそうです。

副業(複業)界隈だと前からあった合宿作業会に似ているかも

国内でワーケーションの言葉が見られるようになる前から実施しているケースは少なくないかなと思います。

僕もこれまで小さい商い(物販)をしながら暮らしていた時期があったので物販している人同士でタイのカフェで作業したり、国内の都心部からちょっと離れた場所でプチ合宿に参加したりしていました。

お互いが独立している人同士なのでワーケーションという風に捉えることはなかったのですが、ほぼほぼワーケーションに近かったかなあと思います。

ライター同士で作業したり、ブロガー、サイト運営者同士での交流では普通だったことが企業にまでワーケーションという形となって普及してきているように見えます。

慣れるまで定期的に開催した方が良いのでは

ワーケーションを初めてみて最初の数日はすごく刺激的かもしれません。

ですがワーケーションが新鮮な人にとっては、2週間、1ヶ月と経過するとだんだんとダレて来る人も増えると思います。それは当然で、やっぱり管理されている方が考えることが減ってラクなことも多いと思うんですよね。

僕自身、場所を選ばずに働くやり方を3年以上は続けているので別に刺激的ではないです。

それでもずっと続けているうちに自分がその時、その場所でリラックスできると感じた場所で作業できないことの方が違和感を覚えることもあれば、「ここは同じ場所でチームでできたら〜」という場面もあります。

なんども開催してみた上で、上手に切り分けしてさらに良いものを生み出していくことに繋がれば良いですね。

フリーランスビレッジでも不定期で開催中

フリーランスビレッジ開催の逗子ワーケーションの画像1
逗子(神奈川)で開催したワーケーションイベント
フリーランスビレッジ開催の逗子ワーケーションの画像2
イベント後に野外イベントに参加した。

フリーランスビレッジでも不定期で開催しています。

僕は残念ながら参加できませんでしたが、実際に参加してみて、運営者と企画担当の人にインタビューしてみた所、開催したところよりも開催した場所に行くまでの道で頭の中が整理できたという話を聞きました。

そういうところってやって見るまで分からないのでやる価値はあるなと思います。

フリーランスビレッジへ参加した人を中心にお知らせしているので興味がある人はフリーランスビレッジにお問い合わせしてみてください。

企業から個人まで一緒に開催したりもできるのでお気軽にどうぞ。

この記事を書いた人

吉村明史

吉村明史

海外ノマド歴3年目のよしいたけ。海外の複数拠点にしつつ個人でEC物販→メディア運営→Web制作を経験。Reactを用いた個人サービス開発を行う傍らでWebライティング(テック分野など)や、運営サイトの収入、サイト運営代行、Web制作系の受託などの複収入で生計を立てながら理想のライフスタイルを追求をしている。

自分らしく、『働く』を楽しもう ? ! IT 編集に戻る 送信 お問い合わせ、ありがとうございます。 内容を確認次第、担当者より折り返しご連絡します。 ホーム フリーランスビレッジについて IT・Web制作 コミュニティ IT教育 ブログ 必須項目です