MENU CLOSE

記事

2020.02.23

ブログ

日本でサラリーマン生活を送っていた男が、ジョージアに移住後ノマドワーカーになった話

こんにちは。大学を卒業してからジョージアに移住するまでの7年間、日本でサラリーマンを生活を続けていただーつーです。

しかし、とあることからジョージアに移住し、ノマドとして働くという選択をしてから私の人生は大きく変わります。今回の記事では、私がジョージアに移住後ノマドワーカーになった話をさせていただきます。

ノマドワーカーになる前

ジョージアに移住する前は、メーカーで営業を5年、大学職員を2年経験しました。はじめに所属していたメーカーでは、上司からのパワハラや責任を押し付けられるという目に会い、そのまま体調を崩して退職してしまいました。

休養の後、転職したのが大学の職員です。世間一般では、大学職員の仕事は楽で高給だという言われていますが、そうではありません。業務量が多い割には、給料も思っているほど高くはありません。

毎日毎日続く単調な生活に「このまま人生を終えてしまうのかな・・」と悩んでいましたが、そんな時にジョージアと出会ったのです。

ジョージアと出会ってから1ヶ月でパスポートを取得し、ジョージアへ旅行をしていました。これまで、仕事でも旅行でも海外に行ったことが無かった私にとって非常に刺激的な経験でした。

この旅行でジョージアへの移住を考えましたが、外国人の友人の勧めも後押しとなり海外移住を決意したのです。

ノマドワーカーになったきっかけ

あることがきっかけで、日本に住んでいたときからジョージア語やジョージアの文化に興味があった私は、生活する場をジョージアに決めて、仕事を退職→移住しました。

移住当初は、ジョージアで生活するということが目的であり、半年程滞在して海外生活を満喫すれば、日本に帰って就職活動を行う予定でした。しかし、現地の不動産屋に騙され大金を失なってしまい、半年ですらジョージアで生活することができなくなってしまったのです。

もう日本に帰ろうと考え始めていたとき、たまたま現地に住んでいる日本人の方と出会い、その方に不動産屋に騙されたことを伝えると、Webラインティングでお金を稼いではどうかという助言をいただいたのです。

ライターとしてうまくやれるかどうかはわかりませんでしたが、やらなければせっかく来たジョージアからすぐに帰国しなければなりませんでしたので、藁をも掴む思いでライティングを始めたのです。

非常に消極的な理由ですが、このことがきっかけでノマドワーカーとしてデビューすることになりました。

お金に関する考え方の変化

ノマドワーカーとして生活する中で、お金に対する認識や使い方に大きな変化が生じました。

お金は貰うものではなく稼ぎ出すもの

サラリーマンとして生活することしか知らなかった私にとって、お金という存在は組織から貰うものであり、自分で稼ぎ出すものではないと考えていました 。また、与えられた範囲でしか生活してはいけないという考えもあったと思います。

そのため、少しでも多くお金を貰うためには、良いところで働き高い給料を貰うこと、もしくは休みの日にアルバイトまたは副業を始めてお金を稼ぐしかないと考えていました。

しかし、ジョージアでノマドとして働くうちに考え方は変わります。お金は貰うものではなく、自分の能力の対価として稼ぐことがわかりました。

より多くのお金を稼ぎ出すためには、自分の持つ専門性を磨いていくことが重要です。ノマドとして働いている方にとっては当たり前のことですが、それですら気が付いていなかったのです。

お金の使い方が変化

ノマドとしてデビューした初月で2万円を稼ぎ出すことができました。小額ですが、私のとっては初めて自分の能力の対価として稼ぎ出したお金です。

このお金の価値は、サラリーマン時代の数十万よりも高いものです。これまで、サラリーマンとして生活していた際は、給料が入れば無用な物を購入したり無意味な外食をして無駄使いをしていました。お金の価値が全く理解していなかったのです。

しかし、現在は稼ぎ出したお金をどう有意義に使おうか考えるようになっています。今は、自分の能力や専門性を磨くために投資しています。

ジョージアはノマドワーカーにとっては最適な場所

ジョージアでは月に5万円あれば生活することができます。生活レベルを上げたとしても、日本で生活するのに必要な費用以下で生活することが可能です。

また、ビザなしで1年間滞在できるため、1年の間に最低5万円を稼げるようになれば、充分に生活できるようになるのです。ノマドワーカーとして成功するハードルが非常に低いですよね。

ノマドとしてデビューする場所としても、ノマドとしての能力を高めていく場所としてもジョージアは非常におすすめです。

まとめ

現在ノマドワーカーの間でジョージアの人気が急上昇しています。私もノマドワーカーの1人ですが、私は生活費が安いからやノマドワーカーとしての能力を高めたいから移住したわけではありません。

現地の文化と言語が好きだから移住したのです。せっかく海外に住むのですから、住む場所の文化や人々への尊敬を忘れずに生活をして欲しいと思っています。

この記事を書いた人

だーつー

大学卒業後、会社員として7年間勤務。とあることがきっかけで、海外への旅行経験もないまま30歳で海外移住を決意し、退職→ジョージアへ。現在ジョージアで日本語の教師をしながら、WEBライターとしても活動。現地で収入を得ながら、ジョージア語の習得を目指して勉強中。

最新の記事

カテゴリー