MENU CLOSE

記事

2020.03.15

ブログ

ジョージアで永住権を得られる方法3選

こんにちは東欧のジョージアで日本語教師をしているだーつーです。ジョージアはビザ無しで1年間滞在できたり、起業がしやすい国としてここ最近人気が急上昇しています。

私はジョージアに1年住んでおり、ジョージアの住みやすさや治安の良さを感じています。ジョージアで生活を続けていけば、「ジョージアで永住権を取得してずっと暮らしたい」と思う方もいるかもしれません。

実はジョージアでは、一定の条件を満たすことで永住権を得ることができます。今回の記事では、ジョージアで永住権を得られる方法を3つ紹介します。

ビジネスに投資する方法

ジョージア国内で会社を設立し、最低30万アメリカドルを設立した会社に投資し、評価機関に審査してもらった投資の価値を証明する評価書等の必要書類があれば、5年間の滞在が認められます。
永住権を取得するためには、設立した会社の年間売上額が以下の最低額を超えなければなりません。また、売り上げを証明するために、毎年売り上げ報告書を作成し、政府に提出しなければなりません。

この基準を満たすことで、居住許可が下りた5年後に永住許可を得ることができます。

<最低売上額>

  • 初年度 5万アメリカドル
  • 2年目 10万アメリカドル
  • 3年目~5年目 12万アメリカドル

不動産に投資する方法

ジョージア国内の不動産に一定額を投資することで永住権を得ることができます。方法は以下の2通りあります。

資産所有ビザ取得(短期)

ジョージア国内で10万アメリカドル以上の不動産投資を行った場合、「 短期資産所有ビザ」を取得することができます。居住用・商用の不動産への投資は認められますが、農地への不動産投資は認められていません。

このビザは1年ごとに更新が必要ですが、5回延長すると永住権に変えることができます。

投資ビザ

ジョージア国内で30万アメリカドル以上の不動産投資を行った場合、 「投資ビザ」を取得することができます。 ただし、こちらも農地への不動産投資は認められません。

このビザを取得すれば、ジョージア国内に5年間滞在することが可能です。そして、ビザ取得後5年が経過すれば永住権を取得することができます。

ただし、不動産は5年間保持し続けなければなりません。5年の間に不動産を売却してしまうと、居住許可は取り下げられてしまうので注意してください。

不動産を売却しても、売却した不動産と同等の不動産を購入すれば大丈夫です。

ジョージア人を家族に持つこと

ジョージア市民の家族がおり、結婚証明書や出生証明書など親族や家族を支援するための経済的手段(収入または貯金)を証明する書類が提示された場合、居住許可が発行されます。

居住許可が認められるのは以下の家族です。

  • 配偶者
  • 息子または娘(未成年または成人)

この居住許可は、最長で1年間発行され、5年間(合計6年間)延長することができます。その後、この居住許可は永住許可に変換できます  。

永住権が無くとも長期滞在は可能

現在ジョージアではビザなしで1年間滞在することが可能です。さらに、ジョージアではビザ無しでも働くことが可能です。

1年間の滞在期間中に海外に旅行に行き、再度ジョージアに入国することで、また1年間滞在することができます。そのため、中長期で滞在する場合には、必ずしも上記の滞在許可を取る必要はありません。

ただし、現行の制度が変われば長期の滞在ができなくなる可能性もあります。また、現在のコロナウイルスや他国との戦争といった緊急の事態によって、制度が急遽変更になる可能性もありますのでご留意ください。

まとめ

以上がジョージアで永住権を得られる3つの方法です。 しかし、永住権取得には最低でも日本円で約1,000万以上の投資や5年間という時間が必要なので、簡単には取得できないことがお分かりいただけたと思います。

今回紹介した方法の中で最も、永住権をとりやすい方法は短期資産所有ビザを取得する方法です。他のヨーロッパ諸国に比べて投資に必要な額が低く、比較的永住権を取得しやすい方法でしょう。

ただし、移住に当たっては、現地の情報をしっかりと集めて移住しましょう。 ジョージアは未だに政治が不安定な状況であり、ロシアとの軍事衝突の可能性も残っています。

また、車の運転も荒く、渋滞や空気汚染が深刻な問題であり、それらによる事故や健康被害を受ける可能性もあります。

医療についても、最近外国人向けの私立病院が増えていますが、日本ほど充実はしていません。

最近インターネット等によってジョージアに注目が集まっており、ジョージアのいいところだけがフォーカスされている投稿が多く目立ちます。そしてそれらを妄信し、短絡的な考えでジョージアに移住する方々が増えています。

移住後、移住するのではなかったと後悔する結果にならないように。短期でジョージアに滞在することをおすすめします。

いい面も悪い面も考慮してジョージアで長期滞在するかどうかを冷静に判断してください。

この記事を書いた人

だーつー

大学卒業後、会社員として7年間勤務。とあることがきっかけで、海外への旅行経験もないまま30歳で海外移住を決意し、退職→ジョージアへ。現在ジョージアで日本語の教師をしながら、WEBライターとしても活動。現地で収入を得ながら、ジョージア語の習得を目指して勉強中。

最新の記事

カテゴリー